special teachers

岡部舞 Mai Okabe

岡部舞 Mai Okabe

8歳よりバレエを始める。古森美智子バレエ団研究所にて古森美智子、 沢田紀子、春日桃子、長川未可子に師事。
オランダのハーグロイヤルコンセルヴァトワールへ3年間留学。在学中にネザーランドダンスシアター(NDT)、オランダ国立バレエ団(Het National Ballet)の公演やツアーに出演。
K-BALLET COMPANY、松岡伶子バレエ団を経て現在指導を中心に活動中。
その他、日本バレエ協会主催都民芸術フェスティバル「ジゼル」全幕にてミルタ。ヤングバレエフェスティバル「卒業舞踏会」にてフェッテ競争。
中部日本全国バレエコンクール ジュニア部 第2位。

近藤美緒 Mio kondo

近藤美緒 Mio kondo

ニューヨーク出身、13歳の時日本に移住。
桐朋女子高等学校卒業後、アメリカのコロラドバレエ団に入団。
入団2年目でクルミ割り人形全幕の主役を務める。
その後も数多くの振付家の作品に出演。
2008年 State Street Balletにプリンシパルとして移籍。
帰国後はフリーランスとして活動。

横関雄一郎 Yuichiro Yokozeki

山本禮子バレエ研究所で学ぶ。関田和代に師事。
第12回全日本バレエコンクールジュニア部 入賞2位。
第26回ローザンヌ国際バレエコンクール スカラシップ賞を1位受賞し、ドイツ・ハンブルグ・バレエスクールに留学。ラディック・ザリポフ、ケヴィン・へーゲンに師事。
ノイマイヤーのモーツアルト338、春の祭典、スプリング&フォール、ヨンダリングなどを踊る。
2000年 ウヴェ・ショルツ率いるライプツィッヒバレエ団(ドイツ)に入団。2002/2003シーズンより、20歳の若さでソリストに昇格。以後、ウヴェ・ショルツと共に同バレエ団で活躍。
作品には古典バレエは勿論、ピエール・ボレーズのノーテーション、アントン・ブルックナーのブルックナー8、ベートーヴェンのセブンス・シィンフォニーなど多数で、バランシン、キリアン、バモシュなど他の振付家の作品も幅広く踊る。音楽は主にゲヴァントハウス・オーケストラやトーマス合唱団と共演。ベルリン・ドイツ・オペラ、ローザンヌ・ガラなどにもゲスト出演し、チューリッヒ・バレエなどに、作品の指導にもあたる。
ウヴェ・ショルツの死後退団し帰国。
2009年には、渋谷セルリアン能楽堂で、フォーサイス・カンパニー出身のアレシオ・シルヴェストリンの作品「kakekotoba」で、シルヴェストリンや能の津村禮次郎と共演。同年、中村恩恵のデュオ作品「Symphony of Sorrowful Songs」、シルヴェストリンのデュオ作品「譜と風景」に初演。2010年、首藤康之演出の古典バレエ「くるみ割り人形」に主演。服部有吉演出・振付の「ラプソディ・イン・ブルー」や、国内外のガラなどにも出演。
2011年2月日本最高峰のダンサーによる舞台「GQ Gentleman Quality -紳士の品格-」出演。
10月Special Evening にてアレッシオ・シルヴェストリン振付による「44Duos」出演。
2014年 ARCHITANZ 2014にてアレッシオ・シルヴェストリン振付けによる「Opus131」出演
2015年1月 「Aoyama Ballet Festival -Last Show-」出演
2015年6,7月 ダンス界のドリームキャストが集結したGQ2015「GABBY」出演
2016年4月「Charlie Show」出演
2017年2月「YOUYA SHINJO 『Crazy Dance Show』”Wednesday”」出演
2017年7月「ダンスリハーサル!」出演・振付
CSB International公演に多数出演。
2018年3月「一月物語」出演(構成・演出、谷啓一)
Dance CSB!バレエ監修・講師を経て、現在日本を拠点に活躍。後進の指導にも本格的にあたる。
2001年 常磐高等学校バレエ科卒業。

玉浦誠 Makoto Tamaura

9歳より本田道子バレエスクールにてバレエを始める。
2007年 ジャパングランプリにてフルスカラシップ賞を受賞。
2008年 アメリカ ピッツバーグ・バレエ・シアター・スクールへ2年間留学。
「エチュード」のプリンシパル、「セレナーデ」「マルキタンカ」等を踊り、バレエ団の公演・ツアーにも参加。「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」「ロミオとジュリエット」等に出演。在学中に「ルドルフ・ヌレエフ賞」を受賞。
2010年 帰国後、東京シティ・バレエ団へ入団。
2014年 東京バレエ協議会より、「ホープ2014」に選ばれる。
バレエ団ではこれまでに、「くるみ割り人形」よりくるみ割り人形、「白鳥の湖」より道化、「ジゼル」よりペザント、「真夏の夜の夢」よりパック、ウヴェ・ショルツ振付「ベートーベン交響曲第7番」、レオ・ムジック振付「crash the lily」「死と乙女」、アレッシオ・シルヴェストリン振付「譜と風景」などを踊る。
また、チャコット・カルチャースタジオ 渋谷・池袋・横浜スタジオ講師、ゴールドジム スタジオ講師の他、全国各地のスタジオで講師に招かれるなど、指導にも力を注いでいる。
2007年 ザ・バレコン 第1位
2010年 全国バレエコンクール in Nagoya 第1位 愛知県知事賞
埼玉県全国舞踊コンクール 第2-1位 埼玉県舞踊協会賞 県議会議長賞
横須賀国際バレエコンクール 第1位 審査員長特別賞 など多数。

楠田智沙   Chisa Kusuda

楠田智沙

5歳より田中律子・祐子バレエスクールにてバレエを始める。
その後、川口ゆり子バレエスクール入学。今村博明、川口ゆり子に師事。
在学中からバレエシャンブルウエストの公演に参加し、卒業後は同バレエ団で主役、ソリストを踊る。
バレエシャンブルウエスト退団後、705DanceLabにて菊地尚子に師事。
現在はフリーとして活動中。

新保里沙  Risa Shimbo

神保里沙 Shinpo Risa

3歳よりクラシックバレエを始める。小西裕紀子氏に師事し、国内外のバレエ公演に多数出演。
その後KAORIalive氏からジャズダンスを学ぶ。
立命館大学卒業後はDance CSBにて横関雄一郎氏、吉本真悟氏に師事。
現在、テーマパークダンサーとしてパレードやイベントショーに出演中。