Special Teachers

近藤美緒 Mio Kondo

ニューヨーク出身、13歳の時日本に移住。
桐朋女子高等学校卒業後、アメリカのコロラドバレエ団に入団。
入団2年目でクルミ割り人形全幕の主役を務める。その後も数多くの振付家の作品に出演。
2008年 State Street Balletにプリンシパルとして移籍。帰国後はフリーランスとして活動。

神戸里奈 Rina Kambe

3歳よりバレエを始める。
1996年 第12回全日本バレエコンクール ジュニアの部 第2位
1997年  第54回全国舞踊コンクール ジュニアの部 第1位
1999年 ローザンヌ国際バレエコンクールエスポワール賞・コンテンポラリー・ヴァリエーション賞を受賞。同年、オランダの王立コンセルバトワール バレエ科に留学。
2002年より、国内で「眠りの森の美女」「くるみ割り人形」「コッペリア」など数々の作品に主演。
2016年 チェコ国立ブルノバレエ団に所属
2018年 バレエジャポン アーティスティックアドバイザー就任

本馬亜紗花 Asaka Homma

京都府京都市出身 4歳よりバレエを始める。
12歳よりソウダバレエスクールにて宗田静子に師事。
2003年 カナダ・スクールオブアルバータバレエに入学。
2007年6月Pre-Professionalコース終了。
2007年8月アルバータバレエ団入団。
2010年バンクーバーオリンピック開会式典にて踊る。
2011年服部有吉主宰ステップ1にてゲスト出演。
所属中、様々な主要キャストを踊る。
2015年3月 服部有吉作「カルメン」主役カルメンを踊り退団。
2015年5月より様々なバレエスタジオにて指導を行

【主な作品】
真夏の夜の夢 デミソリスト妖精
眠れる森の美女 フロリナ王女・勇気の精
白鳥の湖 パドトロワ・二羽の白鳥・四羽の白鳥
オセロ エミリア
くるみ割り人形 金平糖の精・クララ・中国の踊り・スペインの踊り
カルメン カルメン
バランシン作品 多数出演
アルバータバレエ監督作品 多数出演

白椛祐子 Yuko Shirakaba

黒沢智子バレエスタジオにて黒沢智子に師事。
1998年東京新聞主催全国舞踊コンクールジュニアの部第3位、 こうべ全国舞踊コンクールジュニア部第2位、 日本バレエ協会全日本バレエコンクールジュニア部入賞1位。
1999年スターダンサーズバレエ団入団。数多くの振付家の作品において主演、主要パートやソリストを務める。
2006年文化庁新進芸術家国外研修員としてドイツドレスデンバ レエに2年所属。数多くの振付家の作品に出演。
帰国後スターダンサーズバレエで活動したのち、ロイヤルスウェディッシュバレエ、 ドイツシアタークレフェルドメンヒェングラドバッハで活動。

横関雄一郎 Yuichiro Yokozeki

山本禮子バレエ研究所で学ぶ。関田和代に師事。
第12回全日本バレエコンクールジュニア部 入賞2位。
第26回ローザンヌ国際バレエコンクール スカラシップ賞を1位受賞し、ドイツ・ハンブルグ・バレエスクールに留学。ラディック・ザリポフ、ケヴィン・へーゲンに師事。
ノイマイヤーのモーツアルト338、春の祭典、スプリング&フォール、ヨンダリングなどを踊る。
2000年 ウヴェ・ショルツ率いるライプツィッヒバレエ団(ドイツ)に入団。2002/2003シーズンより、20歳の若さでソリストに昇格。以後、ウヴェ・ショルツと共に同バレエ団で活躍。
作品には古典バレエは勿論、ピエール・ボレーズのノーテーション、アントン・ブルックナーのブルックナー8、ベートーヴェンのセブンス・シィンフォニーなど多数で、バランシン、キリアン、バモシュなど他の振付家の作品も幅広く踊る。音楽は主にゲヴァントハウス・オーケストラやトーマス合唱団と共演。ベルリン・ドイツ・オペラ、ローザンヌ・ガラなどにもゲスト出演し、チューリッヒ・バレエなど作品の指導にもあたる。
ウヴェ・ショルツの死後退団し帰国。
2009年には、渋谷セルリアン能楽堂にてフォーサイス・カンパニー出身のアレシオ・シルヴェストリンの作品「kakekotoba」で、シルヴェストリンや能の津村禮次郎と共演。同年、中村恩恵のデュオ作品「Symphony of Sorrowful Songs」、シルヴェストリンのデュオ作品「譜と風景」に初演。2010年、首藤康之演出の古典バレエ「くるみ割り人形」に主演。服部有吉演出・振付の「ラプソディ・イン・ブルー」や、国内外のガラなどにも出演。
2011年2月日本最高峰のダンサーによる舞台「GQ Gentleman Quality -紳士の品格-」出演。
10月Special Evening にてアレッシオ・シルヴェストリン振付による「44Duos」出演。
2014年 ARCHITANZ 2014にてアレッシオ・シルヴェストリン振付けによる「Opus131」出演
2015年1月 「Aoyama Ballet Festival -Last Show-」出演
2015年6,7月 ダンス界のドリームキャストが集結したGQ2015「GABBY」出演
2016年4月「Charlie Show」出演
2017年2月「YOUYA SHINJO 『Crazy Dance Show』”Wednesday”」出演
2017年7月「ダンスリハーサル!」出演・振付
他、CSB International公演に多数出演。
2018年3月「一月物語」出演(構成・演出、谷啓一)
Dance CSB!バレエ監修・講師を経て、現在日本を拠点に各国で活躍。後進の指導にも本格的にあたる。
2019年 8月、9月パリ・オペラ座バレエ団に写真家、杉本博司演出作品の新作「At th Howk’s Well」振付指導

2001年 常磐高等学校バレエ科卒業。

八幡顕光  Akimitsu Yahata

10歳より石井清子、安達悦子に師事。
2003年 新国立劇場バレエ研修所入所。
2005年 新国立劇場バレエ団入団。
2008年 ビントレー『アラジン』の世界初演で主役に抜擢され、またブノワ賞授賞式にて『カルミナ・ブラーナ』のソロを踊るなど活躍。2012年 プリンシパルに昇格し、2017年 登録ダンサーに移行、現在、Los Angeles Ballet Guest Principal
また、新国立劇場バレエ研修所で講師を務め、後進の育成にも力を注いでいる。
平成14年度文化庁新進芸術家舞踊国内研修員。
第33回ニムラ舞踊賞受賞。

玉浦誠 Makoto Tamaura

9歳より本田道子バレエスクールにてバレエを始める。
2007年 ジャパングランプリにてフルスカラシップ賞を受賞。
2008年 アメリカ ピッツバーグ・バレエ・シアター・スクールへ2年間留学。
「エチュード」のプリンシパル、「セレナーデ」「マルキタンカ」等を踊り、バレエ団の公演・ツアーにも参加。「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」「ロミオとジュリエット」等に出演。在学中に「ルドルフ・ヌレエフ賞」を受賞。
2010年 帰国後、東京シティ・バレエ団へ入団。
2014年 東京バレエ協議会より、「ホープ2014」に選ばれる。
バレエ団ではこれまでに、「くるみ割り人形」よりくるみ割り人形、「白鳥の湖」より道化、「ジゼル」よりペザント、「真夏の夜の夢」よりパック、ウヴェ・ショルツ振付「ベートーベン交響曲第7番」、レオ・ムジック振付「crash the lily」「死と乙女」、アレッシオ・シルヴェストリン振付「譜と風景」などを踊る。
また、チャコット・カルチャースタジオ 渋谷・池袋・横浜スタジオ講師、ゴールドジム スタジオ講師の他、全国各地のスタジオで講師に招かれるなど、指導にも力を注いでいる。
2007年 ザ・バレコン 第1位
2010年 全国バレエコンクール in Nagoya 第1位 愛知県知事賞
埼玉県全国舞踊コンクール 第2-1位 埼玉県舞踊協会賞 県議会議長賞
横須賀国際バレエコンクール 第1位 審査員長特別賞 など多数。

楠田智沙   Chisa Kusuda

5歳より田中律子・祐子バレエスクールにてバレエを始める。
その後、川口ゆり子バレエスクール入学。今村博明、川口ゆり子に師事。
在学中からバレエシャンブルウエストの公演に参加し、卒業後は同バレエ団で主役、ソリストを踊る。
バレエシャンブルウエスト退団後、705DanceLabにて菊地尚子に師事。
現在はフリーとして活動中。

盆子原美奈  Mina Bonkohara

小池バレエスタジオでバレエを始め、小池恵子に師事。
2006年ジャパングランプリ シニアの部 第3位。
2007年、全日本バレエコンクール シニアの部 第3位、ジャパングランプリ シニアの部 第2位、北九州&アジア全国洋舞コンクール 第1位。
2007年ジャパングランプリにてHoustonBalletフルイヤースカラシップ受賞。 ヒューストンバレエアカデミーへ留学のち、ヒューストンバレエジュニアカンパニーに2年間所属。
10年 新国立劇場バレエ団に入団。「イン・ジ・アッパールーム」、「シンフォニー in C」第1楽章 コリフェ、「ドゥエンデ」パドシス、「アラジン」オニキス&パール などを踊る。
17年 新国立劇場バレエ団退団後、フリーダンサー、バレエ講師を務める。
17年 日本バレエ協会主催 バレエクレアシオン、中村恩恵振付「七つの短編」、18年 山本康介振付「ホルベアの時代から」にソリスト出演

飯田朝世    Tomoyo Iida

北海道生まれ。3歳よりバレエを始める。千田モト、千田雅子に師事。
2003年フランスカンヌロゼラハイタワーに短期留学。
2008年青少年のためのバレエコンクールザ・バレコン札幌シニアの部第1位。
2012年K-BALLET COMPANYにアパレンティスとして入団。
2013年アーティストに昇格。2017年ファーティストアーティストに昇格。
2018年K-BALLET COMPANY退団。退団後はドイツ、ミュンヘンにて経験を積む。2019年ドイツ、ミュンヘンにてBayerisches Staatsballett
元プリンシパルRosina Kovacs Pop 主催『レ・シルフィード』『パキータ』に出演。2020年自主公演「Ballet Promenade 」第一回目開催。
Kバレエカンパニー主な出演作は
『白鳥の湖』四羽の白鳥、ナポリ/『ジゼル』パドシス/『コッペリア』マズルカリード 『ロミオとジュリエット』フレンズ /『くるみ割り人形』雪のソリスト、チャイナ、フレンチ
Kバレエ スクール ティーチャーズ・トレーニングコース修了。同校にて教師を務める。


谷絵梨子  Eriko Tani

6歳より山本禮子バレエ教室にてバレエを始める
2008年全国舞踊コンクール  入賞5位
2009年埼玉全国舞踊コンクールジュニア部第3位
2010年  埼玉全国舞踊コンクールシニア部第3位
2011年  埼玉全国舞踊コンクール  シニア部第1位
2011年9月より  Benedict Manniegel Dance Company に1年間留学
2012年  東京シティバレエ団に入団
「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「ジゼル」「眠れる森の美女」などの古典作品、ウヴェ・ショルツ振付「ベートーヴェン交響曲第7番」、その他創作作品に出演
妊娠、出産を機に2018年に退団。現在一児の娘を育てる母

榎本文  Fumi Enomoto

6歳よりスタジオヴィーナスにてバレエを始める。内田千恵子、Luis Villanuevaに師事。
2010年 Kirov Academy of Ballet of Washington DC. サマーインテンシブに参加。
2012年 NBA全国バレエコンクールにてスカラシップ賞受賞。
同年 アトリエヨシノ主催バレエセミナーにてスカラシップ取得。Canada Goh ballet サマースクーに参加。9月よりベラルーシ国立ミンスクボリショイバレエ学校留学。Clara Nicolaivnaに師事。
2014年帰国後、東京シティバレエ団入団
2019年スターダンサーズバレエ団入団

新保里沙  Risa Shimbo

神保里沙 Shinpo Risa

3歳よりクラシックバレエを始める。小西裕紀子氏に師事し、国内外のバレエ公演に多数出演。
その後KAORIalive氏からジャズダンスを学ぶ。
立命館大学卒業後はDance CSBにて横関雄一郎氏、吉本真悟氏に師事。
現在、テーマパークダンサーとしてパレードやイベントショーに出演中。

松本佳織  Kaori Matsumoto

東京シティバレエ団入団後、「くるみ割り人形」クララ「ジゼル」ペザント「白鳥の湖」四羽の白鳥など踊る。ユースアメリカグランプリでスカラシップを受賞しオーストラリアバレエスクール留学。
東京新聞主催全国舞踊コンクール入賞4位、NBAバレエコンクール第3位など。